1. HOME
  2. 雲林寺永代供養墓

大洞山雲林寺永代供養墓
現代では、多様な生き方が増えてきており、先祖の供養に関しても人それぞれの考え方があります。当山では、事情があって先祖を供養できない方に代わってご遺骨を管理する永代供養墓を建立しました。こちらが正面です。

 

大洞山雲林寺永代供養墓
大洞山雲林寺の永代供養墓は、境内にございます。過去の災害などの教訓を糧に基礎は、地震や風水害を想定した半永久的な強さを保っています。その思いから、ドーム型の構造のお墓になりました。両端に芳名版のある正面真後ろから納骨堂の扉があります。納骨堂内には、約120の骨壺を納められる棚がございます。

 

クシナガラの涅槃堂

インド北西部にあるクシナガラの涅槃堂
上記画像は、お釈迦様が涅槃に入られた際の聖地にある涅槃寺です。大洞山雲林寺の永代供養墓は、お釈迦様が涅槃に入られた地、インド北西部のクシナガラ地方にある涅槃堂を参考にさせて頂きました。クシナガラの涅槃堂は、お釈迦様の涅槃寺として今も残り多くの参拝者が訪れています。

当山の永代供養墓は、涅槃堂の丸みのあるドーム型から、「やわらかく包まれている」やさしさを感じ取れると思っています。丸みを帯びたドーム型の屋根に心安らかなお墓と感じていただければ幸いです。

 

大洞山雲林寺永代供養墓
永代供養墓正面には、釈迦如来座像が鎮座しております。遠方でお墓参りのできない方は、安心して当山に託してください。埋葬後は、永代供養墓にお参りできます。ご希望であれば、当山に声をかけて頂き納骨堂内でのお参りも可能です。

 

大洞山雲林寺永代供養墓
現代は、少子高齢化が進みおひとりで自分のお墓の悩みを抱えている方も少なくありません。都心を離れた長野原町にある雲林寺もお墓で悩む檀家さんがいらっしゃいました。そのようなお墓を心配される檀家さんの声が機会となり、永代供養墓の建立が実現しました。

永代供養は、当山に任せるのではなく託していただければ、ご先祖様を寂しさと縁遠いお墓で供養していく所存です。それぞれのご事情もあると思います。まずは、お気軽にご相談ください。

 

永代供養墓供養料

 

  • 合葬納骨一霊位:200,000円
  • 七回忌以降合祀個別骨壺納骨一霊位:300,000円
  • 十七回忌以降合祀個別骨壺納骨一霊位:500,000円
  • 別途芳名版プレート代:20,000円

永代供養は、上記の料金以外に維持費が一切掛かりません。当山では、春彼岸や秋彼岸、お盆の計3回合同法要をいたします。合同法要も費用が掛からないのでご安心ください。